映画を語ろう。
愛を語ろう。
ブルックリン〜Brooklyn

JUGEMテーマ:洋画 

 

閉鎖的なアイルランドの田舎町の日用品雑貨の店で働くエイリッシュ。

意地悪な女店主の元では、

若くて才能豊かなエイリッシュの可能性は広がらない。

 

そんな彼女のために

都会での人生のチャンスを後押してくれたのは、最愛の姉ローズだった。

 

ブルックリンへと向かう船中で、

いかにもアメリカ女らしい女性に

手ほどきを受け、まさに、目指すはブルックリン。

 

そのブルックリンの街で、エイリッシュが見つけたものは何だったのか。

 

鑑賞後の後味は悪かった。

 

田舎娘が、都会の中で洗練されていく。

得るものは何?失うものは何?

 

エイリッシュは、百貨店勤めをしながら、夜学に通い会計を学ぶ。

ただ、単に都会の中で、流され染まっていくだけじゃない。

 

ホームシックにかかりながらも

故郷で待っている姉を愛し、芯のある女性だと好感が持てた。

 

 

ダンスホールで出会った同じくイタリア系移民のトニーと知り合い、

二人は少しずつ距離を縮めていく様子も

堅い感じが素敵。 

ふらふらと誘いに乗るような軽い女性でないから

トニーもわざわざアイルランドの女性を選んだのだ。

 

 

ホワイトカラー、ブルーカラー もう死語かも知れないけど

全く違った感じの道を歩んでいる二人だったから、

いつか破局があるのかとそんなことも思っていたけど、

エイリッシュは、トニーのプロポーズを受けた。

 

そんなことを考えた私の心のほうが嫌になった。

 

しかし、最愛のローズが亡くなり、葬儀のために

故郷に帰ってからのエイリッシュの行動は納得できない。

 

 

結婚したばかりのトニーがいながら、幼馴染にああいった態度を何故取れるのか。

 

それこそ、ホワイトカラーの彼氏が良かったという本音じゃないの?

寂しさから、トニーを選んだではないの?

 

そんな彼女の心の隙を元職場の女主人が暴いたとき、

「忘れていた。この町はそういう町であったということを」と

エイリッシュは、告げる。

 

 

確かに 田舎とは、そういった場所なのだ。

世間が狭くて、暇で、絶えず誰かのゴシップを話題にし、

かといって、それで何かをしたいわけでもない。

 

ただ、悪口言うだけで、噂話をするのが彼らの生きてる証し。

 

そんな田舎で生きていけないからブルックリンに住んだエイリッシュ。

 

ラストシーン、エイリッシュの行動をどう見るか。

 

そこに後味の悪さを感じさせる。

だが、しかし、それが学習したということなのか。

田舎娘が成長した証なのか。

 

 

都会に出て、もう、二度とアイルランドの田舎に帰らないという決意なのか。

生きる場所は、もう、ここしかない!という思いでのそれであったのか。

 

人は、一筋縄で、綺麗なままで生きていくわけじゃないってことなのか。

汚れもしみも埃もある人生を歩んでいくってことなのか。

 

私も忘れかけていた。

 

誰しもちょっと叩けば、

ぼろも埃の一つも出るのが人生。

そして、都会の街で生きるということは、そんな一つ一つにかまっているほど暇じゃない。

 

 

 

 

 

 

は行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/267
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode