映画を語ろう。
愛を語ろう。
トゥー・リブ・アゲイン

JUGEMテーマ:洋画

 

母の手によって、16年間監禁されていた娘カレンと

事故で自分の娘を失ったソーシャルワーカー・アイリス

関わりあっていく中でお互いに人生を取り戻すためのお話。

 

被害者カレンを母親が

親ゆえに

行き過ぎた管理をするところから悲劇が始まったのかもしれない。

 

監禁されていたカレンと交わる中で

アイリスは、過去に何が起こったか知っていく。

 

母親は、姉の精神障害があったことで、過敏になってしまった。

厳格に保守的に

世間に向かって、迷惑をかけられない。

と思う考えが、加速しての監禁だが

母子家庭ゆえに一定の感情を超えていったのだろう。

彼女にとっても強迫観念があるのだ。

 

誰か周りに相談する人がいたら、

誰かの支えがあったのなら、

この悲劇は生まれなかったのではないか。

 

実話らしい。

しかし、多かれ少なかれ、

親子の関係の中で、支配しすぎる親に苦しむ子どもたちがいるのだ。

 

この母親の存在は、盲目だ。

 

一方、アイリスも

娘を亡くし、まだ立ち直れないでいる。

 

誰のせいで娘が亡くなったのか。

彼女は自分を責め続けているのかもしれない。

アイリスの娘は、飲酒運転をしていて亡くなった。

もしも、あの時、止めることが出来たなら。

 

精神病は、

精神病としての治療を行うことが必要であるが、

その手前で、ずいぶん、もしかして

私たちは、面倒だという愛を欠いた接し方で、

誰かを病人にしてしまう過ちを犯しているのではないかな

 

こんなハッピーエンドの実話があるなんて、何か救われたようだ。

 

精神病院での一生で終わるか、それとも1人で生活できるか

その審問会で、

 

カレンが1人で生きる決意を述べるとき

 

「アイリスのように人の優しく、動物に優しく

知らない人に優しい人になりたい」と話す。

 

優しさは、やはり愛からしか生まれない。

そして、愛がなければ人は救えない。

 

 

 

 

た行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/262
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode