映画を語ろう。
愛を語ろう。
沈黙〜Silence

JUGEMテーマ:洋画 

遠藤周作の小説「沈黙」を映画化したもの。

日本へ宣教にやってきたフェレイラ神父が、棄教したという情報がイエズス会に届いた。

誰よりも熱情の神父に限ってそんなことはないと、

真相を知りたくてやってきたロドリゴ神父とガルベ神父が、

日本で見たものは、一体なんだったのか?

そこには、何もしてくれなかった沈黙の神の存在か、それとも。。。

 

一時は神父になりたかった程の思いのスコセッシ監督が、作り上げた作品である。

日本人にとって、キリシタン弾圧は、歴史の中で学び、

踏み絵や天草四朗の乱など

一つの出来事として知らない人は数少ないであろう。

 

解せない。解せない。

ただ、ロドリゴ神父は、どんな状況下においても

神父がキリスト教を捨てるということが解せなかった。

それならば、100パーセント殉教を選ぶはずだ。

 

マカオにたどり着いた二人は、キチジローという日本人と出会い、

彼を案内役として、日本に向かった。

たどり着いたその村で見たものは、

度々の弾圧で表情を無くした人たち。

しかし、彼らの中には信仰がある。

イエスキリスト。そして聖母マリアの存在。

どんなに辛くても、そばにいてくださる神の存在。

 

カトリック信徒には、赦しの秘跡と言って、

罪を告解し、神様に赦しを頂く恵みがある。

 

しかし、村人の中でじいさまと呼ばれるイチゾウには

洗礼を授けることが出来ても

その告解は、神父でなければ出来ない。

それほど、神父というのは、特別な存在なのだ。

 

ロドリゴ神父やガルベ神父が

日本にやってきたことに感謝し、

彼らは、罪の告白をし、赦しをもらうことでどんなにか救われたであろう。

 

厳しい弾圧の中、

村人4人にキリシタンの嫌疑がかけられ、

踏み絵を踏むことになった。

踏め!踏むしかない。

キチジローを含め、踏み絵は踏んだが、

それだけでは済まされず、十字架に唾を吐きかけよと命令される。

 

では、それは出来ることか?

 

十字架、そこには、ただの十字架ではなく

磔刑にされたイエスキリストの姿がある十字架。

出来たのは、再三、キリスト教を裏切りながら、キリシタンだというキチジローだけであった。

 

唾を吐く行為より、殉教を選んだ三人。

いや、そういうことではなく、出来ない行為だったのだ。

たとえ死んでも出来ない事。

 

三人は、海辺に作られた十字架にはりつけられた。

潮の満ち引きのあるその海岸で、

満ちれば、体の上まで波が来て、息が出来ない。

その繰り返しの中で、三人は息絶えた。

その中の一人、モキチは、四日間聖歌を歌い続けた。

何も出来ない無言の中で見つめる村人たち。

 

色々、見所が多い。

が、キリスト教の信徒でない人たち。

また、カトリックかプロテスタントか。

さまざまな感情の中で、鑑賞する感性も違ってくるだろう。

 

そして、これは、日本で、日本人に起こった出来事なのだ。

西洋の文化の中での弾圧ではない。

 

 

遠藤さんは、カトリック信徒であり、

自分には何か似つかわしくないと思った洋服を
着たくないと思いつつ、
しぶしぶ着ざるを得なかった。
だが、そのうちに
自分にあった身の丈にかえて、その洋服を着続けることを選んだ。


やっぱり、自分にはこれしか着れない。


それが、自分の中のカトリックだと話していたが、
まさに、そこに この映画に対しての

私の思い、違和感があったのかもしれない。
日本人らしい考えのカトリック

スコセッシ監督には、あてがわれた洋服をすんなりと着れる人だっただろうし
恰幅の良い彼には、ジャストサイズだったのだろう。

 

何かその辺の表現の仕方が、私には雑な感じに思えた作品だった。
 


ただ、モキチという人物には、泣けた。

信仰の深さは、どれだけものであったか。

手作りの磔刑のイエスの彫り物を自分の最期を知って、ロドリゴ神父に渡す。

それは、映画の最後まで存在を見せてくれた。

 

 

そして、キチジローという弱い弱い人間。

人から蔑まれ、バカにされても

死ぬことも出来ず、生きていく悲しみの人間。

その存在こそ、神が救おうとしているもっとも小さきものであり

それは、大多数の私たち人間の姿。

 

棄教したロドリゴ神父がいたからこそ、

罪を犯し続けても、告解が出来たのだ。赦されたのだ。

 

神は沈黙などしていなかった。

ただ、いつも弱い者のそばにいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

た行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/252
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode