映画を語ろう。
愛を語ろう。
グッバイ、レーニン〜Good bye Lenin!

JUGEMテーマ:洋画

東西ドイツの統合に巻き込まれた家族の愛情物語。

こんなに優しい嘘を突き通すことが出来たなら。。

 

冒頭シーンは、姉アリアネと弟アレックスのはしゃぐ姿で始まった。

幸せな一家が見えてくる。

だが、警察が家にやってきて

父親は西ドイツへ亡命をしたことを知り

何も知らなかったと言い切る母。

それ以降、一言も口をきけなくなった母親は、病院へ。

つまり、父親は、西ドイツの女性に心を奪われ

家族三人は捨てられた。

 

そんな事情を

主人公のアレックスを通して語られる。

 

病状が回復した母親は

家に帰って来てからというもの

社会主義にどんどん傾倒していく。

アレックスの言葉を借りれば、

ママは結婚相手を変えた。

セックスがない相手だけど、それは国家。

 

教育に精を出し、

共産党員として表彰までされていく。

ママには、社会主義が生きる希望。

 

ある日、内緒で

民主主義活動のデモに参加していたアレックスを

偶然見かけたママは、

あまりのショックで心臓発作で倒れてしまう。

昏睡状態に陥ったママ。

けれど、8ヶ月後に奇跡的に目が覚めた。

 

そして、家に帰りたいというママの願いを

アレックスは優しく受け入れようするが、

医者がいうには、

次の心臓発作がきたら、命の保証がないと言うことだった。

 

どうしよう!

ママが寝ていた8ヶ月の間に

ベルリンの壁は崩壊したのだ。

あの社会主義は無くなり

皆は、ドイツのサッカーチームの活躍に興じ、

コカコーラは進出し、

バーガーキングだってあるんだ!

そんな現実を知ったなら、

またショックで死んでしまう!

 

アレックスが起こした行動は、

ママのために

偽りの東ドイツの世界を演じきることだった。

偽装、偽装、偽装のオンパレード。

可笑しくなるほど

馬鹿まじめに

アレックスは真剣で、

実際、こんなに憐れなほど

愛してくれる息子っているのかしら?

 

しかし、その嘘には、

彼ら東ドイツの人々の願いも込められていたのではないかな?

 

コカコーラーは、東ドイツの国営企業と提携という段取りで

街に溢れる西ドイツの車は、

西ドイツの経済悪化で、亡命してきた難民という設定で、

 

アレックスの仕事仲間、映画野郎のデニスの協力で

ニュース映像を作成し、

愛するママにそれをテレビニュースとして見せる。

 

その涙ぐましい真剣さが

かえって、泣き笑いのコメディに変わっていく。

どんなにかどんなにか愛しているのだろね。

 

ママの二度目の心臓発作の前に

パパの亡命の真実が

アリアナとアレックスにママの口から告げられた。

映画の冒頭の語りとは大違いであったけれど、

グッバイ!レーニン。

 

アレックスは、ママの最期まで

嘘を突き通して見せた。

それも本当に素敵な

東ドイツのプライドを持って

グッバイ、レーニン!

そう、ベルリンの壁崩壊までを。

 

ママが死んだ後も

残るは、そんな思い出。

ママとの思い出は、悲しいグッバイレーニンじゃなく

幸せなグッバイレーニン!

 

あんな優しい息子がいたら。。と

素にもどった私は、

正直羨ましく余韻が残った。

 

 

 

か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/251
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode