映画を語ろう。
愛を語ろう。
少女は自転車に乗って
JUGEMテーマ:洋画
お転婆な少女ワジダの
自転車に乗りたいと言う夢を叶える
ただそれだけのことなのに胸にくるものは何なのかな?

自爆と言う言葉も普通に飛び交う社会
厳しい戒律のイスラムの世界では、
女性と男性の地位の違いが歴然で
一夫多妻制は存在し、
制約だらけの教育にうんざりしそうだ。

これだけ世界が広がり、情報も流れている中で
自由がないことにも従順な女性たちと
隠れてそれを求める女性たち。

少女ワジダは、自我を持った女性だ。
それが、ことごとく学校の女性校長と対立する。

カセットテープで、英語の音楽を聴き、
母親の運転手には、
母親を思うあまりに文句を言って噛みつき
物事に動じない。
彼女には、目標がある。自転車を買いたい。
自転車が欲しい。

そんな時、学校でコーランの暗唱コンテストが開かれることになった。
賞金は1000リヤル。
自転車は800リヤル。
やるしかない!
大嫌いな苦手な分野だが、
宗教クラブに入り、
コーランの勉強ソフトを買い、
彼女は、みるみる殻を破っていく。

コーランの暗唱は独特だ。言葉はメロディになっていく。
韻の踏み方に慣れないワジダに
母親が自分の若かりし頃の思い出を語りながら、
手ほどきをしていくところは、とっても素敵な親子関係。

そして、とうとう
コンテストの日。
誰よりもワジダの暗唱は、素晴らしく優勝した。
賞金がもらえる!自転車が買える!

しかし、女性校長が、賞金を何に使うか?と聞いたところで
何もかも暗転する。
そこにも自由はなかった。
パレスチナの同胞のための寄付。
神の御加護がありますように。

その後、女性校長のワジダに向かって吐き捨てた言葉
そして、それに向かって
ワジダが校長に言ってのけた言葉。

屈服しそうな環境の中で
ワジダの強い精神が垣間見えて、
私は悔しさを少しだけふっきることが出来た。

自転車は、買えない。
そんな彼女を優しく思いやる少年アブダラ

物語は、
ワジダの出来事と並行して
母親と父親の修復出来ない関係も進行していく。

ラストシーンの母親の髪の毛に目がいったのは、
きっと私だけではないはず。

強い意志のワジダと共に
母親もどうにもならないイスラムの世界で
何かを捨て、強く生きる覚悟を決めた。
そして、ワジダには、
「自転車」を


自転車に乗ったワジダ
伴走していくアブダラ。
彼らには未来が待っている。      
強く自我をもって生きることは、
あの世界では厳しいかもしれない。




でも、ワジダは、自転車に乗って進むんだ。
目の前には、自動車が絶え間なく行き来しているけど
彼女なら、自転車に乗って進んでいける
希望のラストシーン。








 
さ行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/239
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode