映画を語ろう。
愛を語ろう。
ドリームガールズ
JUGEMテーマ:洋画
ザ・スプリームスの元メンバーがその軌跡を
自伝として発表し、それを元に舞台が作られそれを映画化したもの。

グループのメンバーには
ダイアナロスをイメージしたディーナという女性。
その役をビヨンセが演じていたが、
控えめな演技と美しさが
最後に「listen」という歌声になって爆発する。
素晴らしい。

メディアに向かって、黒人シンガーの売り方の是非はあろうが、
敏腕プロデューサーのやり方は、
売れるために
世間の流行に沿って。
法に触れそうなこともやって
それが、メンバーの個人各々の思いなど
まったく無視だとしても。

それが1人のメンバーの脱退にもなるが、
仕事というものをどう理解するかだろう。

ディーナは、
プロデューサー カーティスが
待ち望んでいた女性であり
そして、夢であり
男は夢がなければ生きていけない。
そんな台詞どおり
物語は進んでいく。

カーティスの自分の夢を育てる。

しかし、ディーナは
夢の中で生きることより、
1人の人間として、カーティスの夢から醒めて、自分の夢〜道を歩もうとする。
それが「listen」

ルックスが悪く、メインになれなかったというエフィ役を
ジェニファーハドソンがしていたが、
彼女の歌声は、迫力がありすぎて
私には、少し耳触りに思った。
ただ、ワンナイトオンリーは、ディーナのバージョンより好きだった。

スターになるということは、難しく
そして、得るものが大きければ大きいほど
失うものも大きい。
だが、その輝きは、誰も手に出来るものじゃない

最後は色々ハッピーエンドに終わり、エンターテイメントな映画だった。

「lisuten」の素晴らしい
映画の中の訳を以下に抜粋。

聞こえる?
私のハートで歌っている歌が
心に浮かんだメロディー
でも なぜか最後まで続かない
貴方に聞こえる?
心の底から湧き出る声が
その声は求めている。
束縛から放たれたいと

私にも夢がある
その声を聞いて

私が本当はどういう女なのか

とっくに死んだと思っていた
私の心の声が
大声で叫ぶから 
私の夢を聞いて

これからは自分の声を探す
行き先は見えないけど




 
た行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/237
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode