映画を語ろう。
愛を語ろう。
仮面の男
JUGEMテーマ:洋画
  若き日のレオナルドデカプリオが
悪と善、一人二役をした痛快活劇。

17世紀、フランスでは、
ルイ14世が王となり、慈悲のない圧政を行っていた。
その暴君ぶりに
立ち上がったのは、前国王に仕えていた四銃士
牢に幽閉されていた鉄仮面の男を救い、
彼を王たらしめ、
今の王とすり替えて
国家を善き方向に導こうという壮大な物語である。


そのルイ14世と双子の弟の
幽閉されていた鉄仮面の男フィリップ役を
デカプリオが演じていた。

醸し出される雰囲気は、全く別人のようで、
何度も目を凝らしてしまった。
間違い探しじゃないが、
人は、こうも違って見えるものか。

優しさと傲慢さが、人を替えて見せる。

そして、
勧善懲悪と言えばそれでおしまいだが、
不死身の四銃士が、かなりかっこいい。
神の道に進んだアラミス
愛する息子を失ったアトス
豪快な女性好きのポルトス
そして、前王から引き続き
今の王を守り、国を守り続ける銃士 ダルタニアン

決して若くもない彼らの言動に
人の心というか、気高い魂を感じ、
また、固い友情には、心打つものがある。

どんなに時代が変わろうと、
悪は悪、善は善。
たとえ、死ぬとわかっていても、戦わなければいけない時がある。

ルイ14世との戦いの場に
彼らは、昔の軍服を着て向かう。
前国王の時代、忠誠を誓い、戦ってきた彼らの正装。
黒地に金糸のそれは、たとえ死装束になろうが、
彼らの正義とプライドなのだ。

なにやらすべてが、かっこいい。

ルイ14世側の政府軍も
ダルタニアンに向かって、剣を抜くことも出来ない忠誠を思うが、
しかし、王の命令は、撃て!

なかなか引き金を引けない彼らを前にして。
ひるまず、向かってくる四銃士とフィリップ。
その勇気に政府軍は、深く思うものがあったが、
命令には背けず、、
引き金を引いた後の硝煙の中から現れたのは、
不死身の彼らだった。

とまあ〜正義は必ず勝つ!に拍手喝さいだが、
ダルタニアンとフィリップ、ルイの話が最後に散りばめられ、
全てハッピーエンドでもなかったが、
フィリップの言葉通り、
ダルタニアンこそ仮面の男だったのかもしれない。


今のデカプリオは、
私の中で一番お気に入りの俳優だが、
この映画のデカプリオは、とても若かったという印象で、
魅力的になる時を過ごしてきたのだと思う。
また、
アラミス役はどこかで見た?と思ったら、
映画「ダメージ」で
ジュリエットビノシュと不倫関係の役の俳優だった。
優しさは、変わらずだ。




か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/232
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode