映画を語ろう。
愛を語ろう。
シカゴ〜CHICAGO
JUGEMテーマ:洋画
  ミュージカルが好きな方も
イマイチ、何故、ここで、突然、歌いだす?踊りだす?と
ミュージカルに拒否反応を起こす方も
一度は、ご覧あれ!
歌が踊りが台詞が。。。という垣根はまったくない!
これがザッツエンターテイメント!

all that jazz〜ええ〜い!ままよ!何でもありさ!

レニ―ゼルウィガー演じるロキシ―は、スターを夢見る人妻。
その彼女は、あこがれのヴェルマの舞台を見た夜、
不倫相手のフレッドを殺してしまった!
それは、その舞台のマネージャーに口利きするという彼の約束が
まったくの嘘だと分かったから。

自業自得よ!フレッド!

愛人殺人容疑でロキシ―が入った拘置所には、
偶然にもあの舞台で踊っていたヴェルマも入っていた。
彼女も夫と妹の浮気現場を目撃し、殺人犯として捕まっていたのだ。

♪自分が何をしたかなんて覚えていないわ〜。
ただ、17番目のシーンを二人でやっていた♪
これは、ヴェルマの殺人の理由だけど、
他の拘置所にいる女囚たちの殺人の経緯も
素晴らしい踊りと歌で圧倒的に表現される!

どんどん、のめりこむ映画、ひきつけられる映画。

そして、敏腕弁護士リチャードギア演じるビリーが
ロキシ―をいかにして無実にするか。。

悪は悪。
わかっているけど、
悪党が皆、素敵に思えてくる。

ヴェルマ演じるキャサリンゼタジョーンズには、驚いた。
彼女のための映画じゃないかと思うほど、
豪快で、たまらなく、上手い!
オープニングのall that jazzの舞台から
最後のロキシ―との舞台まで。

それはそれは、、、
ロキシ―との絡み。
ママモートンとの絡み
なにをとっても素晴らしい。

久しぶりに星5つの映画でした。


さ行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/215
NEW ENTRY
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode