映画を語ろう。
愛を語ろう。
やさしい本泥棒〜the book thief
JUGEMテーマ:洋画
 ヒトラーの時代のドイツ、里子に出されたリーゼルが、
その養父と養母との新しい環境の中で、何を見つけ生きていくのか。
語り部である死神を通して
だから人間は魅力的だとラストに締めくくる。
人間らしい心をもった人たちの物語。

リーゼルは、弟と一緒に里子に出されるはずであったが、
弟は、移動の途中で死んでしまう。
埋葬し、一人で里親のところに行くことになったリーゼルは
墓の周りに落ちていた一冊の本を拾った。
それは、墓掘り人の手引書であった。

養父ハンスと養母ローザでは迎え方が違った。
リーゼルの心は、ハンスへと開いていく。
ハンスは、
彼女が大事に持っている「墓掘り人の手引書」を見て、
色んな質問をしながら、文字が読めないことを知り、
静かにやさしく文字を教えていく。
そして、最初に読破した大切な本は
やっぱり「墓掘り人の手引書」
リーゼルの世界は広がった。

そして、戦争は、どんどん激しくなり、
言葉狩りとして、自由も奪われる中で、
街中の皆で本を焼きつくすことになるのだが、
リーゼルは、焼け残った一冊の本を大切に持ち帰った。

彼女の本への想いは、人間として目覚めだったから。

ある日、ユダヤ人の青年が助けを求めにやってきて
ハンスは彼を助ける。
リーゼルに事の次第を説明するハンス。
ハンスが青年の父親に助けられた。
だから、ハンスも彼の家族を助けると約束した。
青年の事を誰にも言わないと約束をしてほしい
約束だよ!と
そして、その次のセリフは、
A person is only as good as their word.

日本語吹き替えは、交わした約束は必ず守らなければならないんだ。 

日本語訳は、
「人間の価値は約束を守れるかどうかだ」

この青年マックスとの交わりが
また、新たにリーゼルの感性と
人間としての心の成長になっていく。

彼から与えられた言葉は、
「言葉は命そのもの」

だから、自分の言葉で話すということ。

皆そろってクリスマスを迎えるシーンも
ハンスのアコーディオンの音に泣けてきます。
最高のクリスマス!とリーゼル
初めてのクリスマス!とユダヤ教の青年マックス

雪だるまも最高の幸せを運んで来たと思ったのに、
そのせいで、
マックスが瀕死状態になってしまうと
嘆くリーゼル。
そこでハンスが与える言葉が

because we had to
吹き替えは  彼を思ってた 
そして、字幕は、
「想いが溢れたからだよ」


リーゼルは瀕死のマックスのために
やさしい本泥棒となって、来る日も来る日も
本を盗み借りしては、枕元で読んであげると
彼が回復するという奇跡が飛び込んでくる。

とまあ〜ハッピーに包まれて終わりと思いきや、
意外な結末にびっくり。
最後はちょっと安直な気がするのは私だけかな

それでも登場人物が皆やさしくって
いっぱいエピソードを書き記しておきたいくらい。

リーゼルをずっと守ってくれた足の速いルディという少年。
勇敢なリーゼルの心を理解してくれた町長夫人
言葉とは裏腹に何てやさしい養母ローザ

語り部死神さえも人間が魅力的で魅力的でと。。
そのラストを迎えるけれど、
観る側の私も同じ心境になった。
そして、言葉はいのち〜生。 
本の中には、たくさんの言葉が存在するのです。


 
や行の映画 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://cinema.tinypath.com/trackback/214
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode