映画を語ろう。
愛を語ろう。
ノルウエイの森

JUGEMテーマ:映画

 

ノルウエイの森について
ウィキによれば
村上春樹は、この話は
基本的にカジュアルティーズについての話なのだ。という。
そして、さらにその説明文の中で、
そのカジュアルティーズには、カッコ書きがついており
合う日本語訳がなかったようだ。

私は、春樹氏自身、英語と日本語の中で生き、
わざわざ、日本語にしなければいけないこともないだろうし
訳せない感覚の言葉があると思う。
受け手の私たちが、
そのまま、カジュアリティーズの
その感覚をつかむこと。
それが出来なければ
この作品を理解することも難しいのではないか?

 

本は読んでいない。
何ら先入観のない中で、映画を鑑賞する。

カジュアリティーズの生き様の中に
セックスは必要であるか?
ここまでこだわるか?

私は、YESなんだと思う。
偶然的な被害者、傷つき、そんな人生のなかで
存在を示すのは、そこではないのかな?

今の若者はわからないが、

当時の若者のどうしようもないエネルギーの行き先を思う。

松山けんいち演じる「僕」が
さらりという台詞がある。
何度も何度も。
感情をもたないような言い方が、
それ以上でもなく
それ未満でもなくちょうど中立の「容認」に感じて
つまり、一番の優しい響きに聞こえた。

傷ついたものにっとての心地よい響き。

あらすじは、こうだ。
直子とキズキという男性は、愛しあい、
僕はキズキの友達だったから、常にそばにいて、
けれど、キズキが自殺して、
その後、偶然、上京した僕と出会う直子。
その僕と直子の愛と
新たな女性緑と僕の愛。

 

直子と毎週会う様になって、

20歳の誕生日。二人してお祝いをする。

その時、自然に愛の行為になるが、

僕は、直子が初めてだと気づき驚く。

キズキと関係はなかったの?

直子は口をつぐんだまま、そして、その後直子との音信は途絶えた。

やっと直子からの便りがあり、

彼女がいる場所は、療養所だと知り、会いに行く。

直子が会いたいのは、わたなべ(僕)だったのだ。

 

療養所のある山の中を何度も何度も往復して、彼らは語る。

その語らいの中で、

直子は、愛したきさきと愛の行為が成立しなかったと嘆く。

どんなにがんばっても出来なかった。濡れなかった。

いつも手と口とでしか出来なかった。

一度も成立しなかったことは、どういうことか?何故?

いろんなこと話し合えた人なのに。

なのに、僕との愛の行為の時は、濡れていたし、出来た。
全てにおいて、
直子はそこで、何かしら傷ついた。
相手のキズキは、もうこの世にいない。

若ければ若いほど、この嘆きは痛烈なのだと思う。

 

この映画には、他にも三人カジュアリティーズの女性が出てくる

書店の娘であり同じ大学生の緑、

直子の面倒を見ているれいこ

そして、女性を性の対象としか見ない永沢という男性に愛を思うハツミ

 

ハツミは、永沢の海外赴任の中、他の男性と結婚し、二年後に自殺した。

たくさんの女性と関係していても、永沢という人が好きだったハツミ

愛するって何だろう?性って何だろう?

傷つきながらも生きていくしかない生き方は普通じゃないかもしれない。

でも、普通に結婚したことで、傷つきが耐えれなくなって死んだのだ。

 

最後、直子の自殺によって、僕の一つの区切りが出来た。

僕が泣いて泣きじゃくるシーンがあるが、

男が泣くということは、こういうことなのかと思った。

全てを吐き出すしかない。


全く違うが、
私は、夏目漱石の「こころ」を思い出した。
親友が愛していることを知りながらも
その彼女を奪った先生。

そして、親友は自殺する。一言も語らずに。
カジュアリティーズという表現は、そぐわないが、
若いときの傷つきやすさ。
そして、先生は、生きる中でずっとそれに苦しみ
最後に死を選んだ。

生と性〜それはわかれば若いほど、深く漲りの一致ではないかな。

映画を見終わり、ノルウエイの森というビートルズの音楽を聴いた。

日本語訳がついていたので、

映画をまた振り返った。この映画は、これでよかったんだと思う。

ミスキャストとか、本を読んでいたら思うかもしれないが、

先入観がなければ、これ何だと思う。

そして、本の世界にも浸りたくなった

な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ナチュラル~The natural
JUGEMテーマ:洋画
天才的野球選手であったロイ
不幸な事件に遭いながらも、
16年間の歳月を経て、35歳のルーキーとして
メジャーリーガーで活躍したお話。

大好きな父親から野球を教えられたロイ。
才能があっても過信しちゃだめだと
教えてくれた父親。
父親が亡くなった日に
稲妻で真っ二つになった木で
バッドを作った。

それは、ワンダーボーイ 横には、稲妻の電光石火を描いて。



スカウトがやってきて、彼の夢見る世界が広がった。
ロイは、幼なじみのアイリスの元へ行き、
成功して、必ず呼び寄せるからと
結婚しようと約束をする。

そして、アイリスもそれに答え、二人は結ばれた。

列車でスカウトマンと向かう中、
ある女性と出会い、ロイハプスは惹かれてしまう。
ここが何ともいえず、理解しがたい。

出発の前にあれだけアイリスに思いを伝えていたのにと思うが
それは私の考えすぎの感情なのか。
結局、その謎の女性によって、
ロイは、16年間を失った。

 当時、事件が起きていた。
 銀の弾丸が、優秀な選手を襲う。

 彼女は、ロイの記録を全て塗り替え
 最高の選手になるという言葉に
 行動をうつした。
 引き金は容赦なかった。

35歳のルーキー ロイハブスは、
ニューヨークナイツに入団。

しかし、試合に使ってもらえなければ、
彼が16年間かかって、ここまでたどり着いた野球人生は、
無きに等しい。
そして、チャンスはやってきた。
稲妻と共に
彼のワンダーボーイのバットは、
ボールを芯に受け取り、
糸が引き裂かれるほど
炸裂した。
ロイハブスは、あの頃のピッチャーとしての
成功ではなく
今後は、打者として最高の選手になるのさ!


打って打ってうちまくるロイ。
そのロイの前に表れる女性は、メモ

メモは、監督の姪っ子であるが
オーナー側についていて
監督の辞任を一緒になって企てている。

この調子で、ロイが活躍し
ナイツが優勝でもすれば、
監督を追いやることなどできない。

演じるキムベイシンガーは、
映画セルラーでは、こんなにアクもなかったように感じるが
悪女であり、
どことなく悲しい存在感を出している。
不幸なのだ。

メモと付き合い始めるとロイは、絶不調に陥った。

そんな時、球場に表れた一人の女性。
それは、アイリス。

元気を出してもらいたくて
彼女は野球場にやってきた。
光に包まれた彼女の存在が、
ロイを復活させてくれた。

誰にも打ち明けることのなかった16年間。
ロイは、初めてアイリスにその事を告げる。

列車であった女性は魅力的だったのね。
それにうなづくロイ。 

アイリスの16年間。
彼女は結婚はしていなかった。
しかし、子供が生まれ彼女の生きがい。
父親は?
いないわ。
ニューヨーク。
今の時期、父親が必要なの。

いいことも悪いことも人生にはやってくる。

ロイは、16年前の弾丸が原因で倒れ
病院に運ばれ、もう野球が出来ない身体だと伝えられた。
ナイツの優勝が目の前の出来事だった。
それでも戦わなければ
野球に賭けた人生が終わらない。

オーナーやメモに
正々堂々と戦うことを告げるため、
事務所にやってきたロイ。
その時のメモの起こした行動は、お互いに辛すぎた。

いよいよ、プレイオフ。
病み上がりのロイは、
何度も空振りを繰り返す。
アイリスと息子は祈りながら
試合を見つめている。

どうか、この思いがロイに届きますように
この子は、ロイの息子なのよ!

アメリカンドリーム
稲妻が走った。
ワンダーボーイのバットが大きく振られ
もしや!
しかし、それは、
大きなファウルボールであり、
大切なワンダーボーイのバットは真っ二つに折れた。

    

別のバットを用意してくれ。

一緒に戦ってきたバットボーイに
ロイは告げた。

そして、少年が用意したバットは、
サボイスペシャル
ロイが作ることを教えたバット。
少年のバット。



 
 
歓喜に包まれながら
ナイツの勝ちが決まった!
ロイは、最後に特大のホームランを打ったのだ。
サボイスペシャルに受け継がれた思い。
少年の夢は繋がり、
ロイの野球人生は、人々の記憶に残るものとなった。


 何がどうっていうわけでもないが
暖かい結末に泣けてくる。

エンディングのアイリスのこの立ち位置。
右と左には誰がいるのか?

それは、映画のオープニングと同じ風景なのだ。
変わったことと言えば
アイリスもロイも年を取り、
そして、幸せになったこと。

映画の中には、
女性が3人出てくるが、 
列車で遭った女性もメモも黒い洋服で身をまとい
アイリスだけが、白い装いだった。

一度、メモがロイに電話で伝える時があるが
白い服を着ていると言いながら、黒いドレスで身を包んでいた。
何かしらの意図があったのだろう。
ただ、野球場での白い洋服のアイリスは
光を味方につけ、美しかった。

私はレッドフォードが好きだ。
にじみ出る暖かさがいつも伝わり、心地よい気分にさせてくれる。







 
な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
長い灰色の線
JUGEMテーマ:洋画
アメリカのウェストポイントの陸軍士官学校の
教官だったマーティンマーの物語。
マーティンマーの自分の辞職命令に不服で、
その撤回を求め、大統領と面会し、
今までの思い出、出来事を回想していく。

ジョンフォード監督の作品は、何故かいつも暖かい。
私は、まったく観るつもりもなかったのに、
古臭くて、どうなるやらと思っていたのに
だんだん引き込まれていった。

アイルランドから来たマーティンマー。
最初は給仕から始まったが、
二ヶ月働いて、皿を割った弁償代は、三か月分。
そんな彼を見出したのは、体育主任の大佐だった。
マーティンマーは、大佐の助手となり、
大佐の家にやってきたお手伝いのメアリーに恋をする。

この二人の描き方も
やっぱり、ジョンフォード監督らしいというか
モーリンオハラのイメージなのか。
気が強くて、優しくて、積極的でナイーブで。
「静かなる男」や「我が谷は緑なりき」を見ているような気分。
よくよく見れば
モーリンオハラ演じるメアリーが
田舎からマーティンマーの父親を呼び寄せるが
その俳優は「我が谷は緑なりき」でも父親役だった。




古き良き時代と言えばそれまで。

こんな古臭い学校と
若い42歳の知事が訪問した時に言う場面があるが、

しかし、厳しい学校で
鍛えられた精神力というものが、
立派な士官を育てる。
マッカーサー、アイゼンハワー。。。と
マーティンマーは、教育者としての誇りを持って話すところは、
私も同感だ。

上に立つものほど、精神力が大切なのだから。

様々な候補生たちとの交流。
子供が出来なかったマーティンマーとメアリーには
皆が大切な子供たちであり、
特別にレッドという候補生を愛し、
あとに彼の妻になるキティも愛し、その息子も愛した。

やがて、メアリーが亡くなり
独りぼっちになったマーティンマー。

あるクリスマス
たくさんの候補生が集まり、
そして、レッドの戦死後も家族同然に愛した
キティとレッドジュニアもやってきて、
楽しいクリスマスを演出する姿は、
愛に包まれていて、なんと心地よくなる映画なのだろう。





そんな回顧の後、
士官学校に帰ってきたマーティンマーを迎え入れたのは、
長い灰色の線〜
マーティンマーに敬意を表しての
士官学校の候補生たちの行進だった。


涙を拭いながら見つめるマーティンマー。
そこには、逝ってしまった愛する人たちもいるようで、





村上春樹氏は、
嫌なことがあると「静かなる男」を見ると言っていたが、
今の私の気分は、
この「長い灰色の線」は、
穏やかな気持ちにしてくれる映画だと思う。
ほっとさせてくれる優しい映画だった。


 
な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
嘆きのピエタ
 
愛とは、やっかいなものでございます。
諸刃の刃で、自分をもきずつける。
 
高利貸しの借金取りの仕事をするガンド。
返す能力のないものを
障害者にして、保険金で支払わせる非情なやり方は、
余りにもグロテスクで、目を覆った。
私はこんな映画を最後まで見れるのだろうか。

「ハレルヤは、永遠」
この文字が、最初とラスト近くに建物の看板として、出てくる。
これは、神を賛美する言葉。

映画のタイトルのピエタとは、
十字架にはりつけられたイエスを抱くマリア像のこと。
そして、嘆きのピエタとは、
突然、30年ぶりにガンドの前に現れ
ガンドの母と名乗る女性のことだろう。
ガンドがこんな悪魔のような人間になったのは、
彼をうまれてすぐ捨てた自分のせいだと
無償の愛でガンドに向かって行く。
 
信じることも忘れさり、30年間一人ぼっちのガンドは、
その愛を試すかのように
母親なら、母親ならと極限まで彼女を追い詰める。
しかし、彼女は
彼の肉を食べ、彼の性的暴力も受け止める。
ガンドに受け入れてもらえるまで。
30年間の恨みを愛に変えるまで。
 
少しずつ、愛を知っていくガンド。
借金取りに行った先で、
生れてくる子供の為ならと、自ら、障がい者になることを望む父親を見たとき、
ガンドには、非情なことが出来なかった。
それは、初めて、母親の無償の愛に包まれ、
子どもとして愛されることを実感したから。
自分の命を捨てても
守り抜きたい大切なものがこの世にあると知ったから。

もう、無償の愛で愛してくれる母親抜きの人生など考えられないと
母と名乗る女性に
ガンドは、手放しの思いを伝える。
家に帰り、誰かが待っていること。
誰かが自分を心配してくれること。
決して、一人で生きているのではないこと。

しかし、彼女の目的は、復讐であった。
ガンドの借金取り立てで、彼女の夫は、自殺していた。
その無念を晴らすために、同じ死より強い痛みを味わわすために
ガンドに一度、愛を与え、
そして、その底なしの無償の愛を
再び奪い去ることによって、
ガンドを生きながらの廃人〜死へと導くために、
彼女は近づいたのだ。

これほどまでに復讐とは、強い情念なのか。
その思いはどこまでも果てしないものか。。
いや、
ハレルヤは永遠。
それほどの復讐心をも
神は、愛に変えていく。
そう、ガンドが恨みを忘れ去り、愛に気づいたように。

ガンドへの復讐の確信を得たとき
事の終わりを知り、
亡き夫の元へ行こうとしたその時には、
ガンドを愛し、自らの手で廃人にしてしまったことを
彼女は、 嘆く。

ガンドがかわいそうだ。
本当の母としての愛が
これから独りぼっちになって
愛を失い死んでしまうだろうガンドにも注がれ、
自分が犯した罪、
どうすることも出来ない悲しみに
いたたまれなくなる。

まさに嘆きなのだ。
しかし、復讐で満たされていた彼女をも神は愛で救われたのだ。

その後ガンドは、今まで自分が障害者にして
不幸にしていった人たちをめぐり、
自分の罪を改めて知る。
そして
自ら贖う道を選ぶ。
そのラストのシーンは、
されるがままの道を選んだイエスキリストをも思い浮かべることが
出来る。
ある被害者の妻が、
何度でも殺したい〜その思いを受け止めて
ガンドは、何度でも死んだように思えた。
一筋の血の道を残して。

映画のラストに流れる音楽は、
「パンソリ」と言って、太鼓だけの音で物語を唄う
ある意味恨み節だと聞いた。

罪を贖い、
神が愛に変えた母と息子のパンソリなのかもしれないと思った。
愛は、復讐よりも強いと改めて、神を賛美して。



な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ニーチェの馬〜A torinói ló
 一年に一作あるかないか。
自分の求め好む
理解できる範囲内の映画とは、
まったくかけ離れた作品と会うことがある。
それが、この「ニーチェの馬」だ。
ニーチェという言葉に
どれだけ気持ちを膨らませ、
自分の理解力、感じ方を想像しただろう。

映画の最初のナレーションが語る
ニーチェが、荷馬車の馬の首をつかんで泣き崩れ、
それから後、10年後精神を壊したという
エピソードに向かって進むだろうと期待していたが、
二時間半の終わりまで、まったくそれは無しのことであり、
私は、父娘の単調な毎日の繰り返しの映像に
何度も何度も睡魔に襲われた。
正座をしようと、
体育すわりをしようと一時の正気のあとに
すぐに睡魔に襲われた。
とてつもなく
淡々とした絶望〜死に向かっての静寂だった。
白黒映画がそれを加速する。
絶望とは、色さえあってもいけないのかもしれない。

原題には、何一つ
「ニーチェ」などという言葉は出てこない。
なのに私が借りたのは、
「ニーチェ」だったからだ。
まったくの期待を裏切られた感があるけれど、
今度は、しっかり睡眠をとって
極限に向かっていく父娘の単調な日常を見てみたい。
彼らの覚悟した絶望を。



な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ニューイヤーズイブ〜New Year's Eve
 2011年の大晦日のニューヨーク
新しい年を誰と迎える?
それぞれの関係で、それぞれの愛を語る。

泣き笑いです。
出だしからどんどん加速する映画。
ラストに向かって、素晴らしい言葉で
愛を語り、包んでくれます。
やっぱり、愛しかない!
なんだかんだ言っても人を救えるのは「愛」です。

ヒラリースワンク〜
「ミリオンダラベイビー」のあの彼女。
今度は、クレア役で、
ニューヨークの名物
カウントダウンのボールドロップの責任者を演じています。
そのボールドロップが、途中で故障した。
どうやって乗り切るか!
そのときの
ニューヨーク中の期待を受けての彼女のスピーチは
あなたにも、わたしにも
素敵なメッセージ。

そのボールドロップのイベントで歌う歌手として
歌手ジョンボンジョビがジェンセン役として歌う歌は、
愛する彼女へのメッセージ。
求愛をしながらも、逃げてしまった自分。
そんな過去から現在の彼女に
もう一度、奇跡を起こしたい。

そして、ジェンセンのレコード会社の若き社長のサム
彼は、去年のニューイヤーズイブで出会った彼女との
一年後に会おう!という約束を信じて、
ニューヨークで奇跡の再会を待っている。
その彼のレコード会社でのパーティーのスピーチも
素晴らしいメッセージ。

「失敗しないとしたら 今日何したい?
今、それをやりなさい」

父親がいつも引用していた言葉
それは、母からの言葉だと添えて

他にもミシェルファイファーの
新年を迎える前にしたい10のことを
倍も年下の彼に叶えてもらいながら
感じる思いや
新年を迎え最初に生まれた子に
賞金を与えられると知って
躍起になる出産競争のカップル二組が
新しい命の誕生の瞬間に互いに思いやるとこを見ると
さりげなく愛を
愛って、意識しないところで生まれるんじゃないかって
感じてしまう。

ラストにヒラリースワンク演じるクレアのメッセージを添えます。
今日からだって、感じられるメッセージだから

「思い出しましょう
成功も失敗も
そして、
守れた誓いと破った誓い
殻を破って冒険したこと
傷つくのが怖くて
閉じこもったこと
新しい年はあなたに
チャンスをくれます
過ちを許し
もっと努力し
もっと与え 愛するチャンスを
先のことを
恐れるのではなく
未来を楽しむのです
0時にボールが落ちるとき
そのときこそ
優しさを思い出しましょう
思いやりを
今夜だけでなく 一年ずっと」






な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークアイラブユー〜New York I love you 
人よって、ニューヨークとパリは、好き嫌いが真っ二つに分かれるようであり、
私自身は、二度とパリに行こうとは思わないのですが、
この映画は、調べれば、「パリ、ジュテーム」の続編であるようで、
短編がそれぞれに違う監督で10作詰まったもの。
ニューヨークとパリ。
どちらも魅力的な街なのでしょう。

私にとって、今一番行きたい都市は、
ニューヨークであることは変わりないのだけど、
俄然、気持ちは、もっとそそられてきました。

ニューヨーク〜アメリカ人がいないから好きな街。
パリからやってきた元オペラ歌手のホテルでの出来事のお話の中で
彼女は、そう言い放つ。
このお話は、幻想的で、彼女が自殺したかったのを知って
シャンパンをボーイが届けたのか。。
スミレの花束がとても冴えていて、
余韻を残してくれる好きなお話です。

オーランドブルームの
ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟編も活かしてる。
こういう関わりあい方の恋愛は、女性だったら諸手を挙げて、賛成!

画家が死ぬ間際に描きたかったチャイナの彼女との一編は、
彼の求めるもののなんだったのか。
そして、その彼女は、何を見つけたのか。
ラストに久しぶりにバートヤングを懐かしく見ました。

プロム編の仕掛けも
私は、会場で踊っているときに仕掛けが解けると思っていたのに、
もっと先まで監督は読んでいた。。
そんな気がしました。素敵! 願い事は叶うもの?

イーサンホークのなにやってんだか。。編は、
彼の温かい部分がほっとさせてくれるし、
彼の出世作「今を生きる」を思い出しました。

フラッドレイクーパーの惹かれるままに編は、
いやらしさとかではなく、魂が惹かれるままに出会うこともあると
納得してしまいました。

クリスクーパーの「I love you,too」編は、
最初に彼女の左手薬指の指輪を見逃さなかったし、
ラストの金色のお互いの結婚指輪に乾杯!
「I love you」「I love you,too」
たったこれだけの会話に私は、一番ジーンときました。

ラストは、老夫婦のつまりひとつの「恋人達の予感編」と勝手に思っています。
どんなことがあっても、
やっぱり好き! あなたが一番分かり合える人。愛してる。

良い映画ですね。
そこには、ニューヨークという街が素敵に輝き、愛も輝いている。



な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ニューシネマパラダイス
 キスシーンばかりのラストがくれたもの
それが、ニューシネマパラダイスが私にくれた映画というすばらしさ。

この年になるまで、何故見てなかったのかな。
過去を過去として思い出として、しっかり受け止める愛を感じました。

なんで、こんなに涙があふれるのだろうね?

みんなあいに触れて生きてきたんだからなんだろうね。
すべて人間の本能の愛情だからなんだね。
そして、亡くなった彼の主人公への思いがすっごく伝わりました。
それも愛情。
今、ふとそう気がついた。

小さな町にいることより、大きな街で主人公が立派に映画人になる為に。
犠牲はいつでもあるんだよね。

主人公とエレナは、仕方がなかったんだよ。
でも、キスシーンばかりのラストシーンで 何かをしっかり思い出にかえることが出来た。
忘れちゃいけないよね。

劇中で話してくれるお姫様と兵士のお話。。
99日目で切り上げたほうが、フェードアウトできていいのかな。
100日目にお姫様がやはり結婚しませんと約束を破棄されたのなら
兵士の悲しみは、計り知れない。死しかもう選択の余地はないんだもの。
そうなるまえに、彼は、永遠にフェードアウトで生きる道を選んだの?
Pちゃんは、愛がないと悟ったからだと話してくれたね。
確かに、どちらにしてもそこには愛がなかったんだ。

私は、フェードアウトな関係は、
つらいです。
でも、品格シリーズの本を読んだとき、
お付き合いをばっさり切るのではなく、
徐々に徐々に疎遠にしていくほうがいいのですよって書かれてありました。
きっかり!ばさ!ってしなくても、
縁がなければ徐々に離れていくものだな〜って
いうのもこのごろになってわかりました。

この映画は、私のそばにいつでも置いておきたい
原点になりました。
愛を語ろう。 映画を語ろう。

 
な行の映画 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode