映画を語ろう。
愛を語ろう。
キューティーブロンド〜Legally Blonde

JUGEMテーマ:洋画

 

ブロンドヘアーという容姿がもたらした不幸からの実に楽しいサクセスストーリー

 

普通は真逆である。

ブロンドヘアーを好む社会があり、

それに呼応するかのように女性もおしゃれをするのだが、

主人公エルの好きになった男性は、全く違った偏見を持っていた。

エルがブロンドということだけで、頭も悪く、

今後の自分の社会的成功には似つかわしくない女性だと振ってしまう。

 

つまり、マリリンモンロー的な容姿は、恋人時代はいいが

伴侶としては、自分の名声のためのマイナスになるという考え方なのだ。

 

人は偏見の塊。

日本でも胸が大きい女性は、頭が悪いとか。。なんら根拠のないことで

たくさんの女性は傷ついた。

 

昔、チャーリーズエンジェルというテレビ番組があった。

私立探偵の三人は、女性の魅力たっぷりに事件を解決する。

ケイトジャクソンは、黒髪

ジャクリーンスミスは、ブルネット

ファラーフォーセットは、ブロンド

 

髪の毛の色で、なんとなく役柄が決まっていたように思う。

ファラーフォーセットの髪の毛は、それは美しいブロンドで、

爆発的に人気が出て、ファラー人形まで当時は作られた。

こぞって、彼女のようなヘアースタイルを真似たのでは?

 

その後、ファラーフォーセットが降板したが、次に求められたのも

ブロンドの女性であり、シェリルラッドだった。

 

これが世間の偏見というか好みなのだ。

 

それとは反対のこの映画。

ただ、ブロンドというだけで、頭が悪いと評価されたエルは、

彼の心を取り戻したく、一念発起

一生懸命勉強して、なんとか同じハーバード大学の法学部に入学した。

 

しかし、そこには、彼ワーナーの婚約者ヴィヴィアンもいて

彼女はもちろん黒髪で、知的なまなざしを持っており、エルとは正反対の容姿であった。

 

馬鹿にされながらも、素直に正直に生きる姿は、

単なるサクセスストーリーだというだけでは終わらない。

 

人間の本質というか、失っちゃいけないものを教えてくれる。

彼女は、ファッションが好き。

好きだからこそ、人より秀でた才能があるのだ。

 

弁護士になるからと言って、自分自身の個性まで変えるわけではないのだ。

おしゃれにブランド物を身につけ、

エルという女性の魅力を表現してくれる。

そこには、ブロンドも黒髪もブルネットも関係ない人間の魅力。

 

だからこそ、最後はヴィヴィアンもエルに惹かれ、

外見に捉われ、何も見えなかったワーナーこそ魅力がないのが暴かれた。

 

また観たいと思う。

エルを演じるリース・ウィザースプーン

「ウォークザライン〜君につづく道」の彼女しか知らないが、

別段、美人でもないが醸しだされる魅力というかキュート。

 

何にも考えず、エルのサクセスストーリーに便乗して楽しんだ。

 

 

 

か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
ギター弾きの恋〜Sweet and Lowdown 

JUGEMテーマ:洋画

 

ドキュメントタッチで、ある天才ギタリストのエピソードを語る面々。

そのオープニングの顔ぶれに、

ギタリストなど全く知らない私は、実話と思ったが、

最後にウッディアレンによって、

この映画の主人公は、存在せず作り話だと知らされた。

 

その架空の主人公〜エメット。

彼は、世界で癸欧世塙觚譴垢訶刑優タリスト。

彼には崇拝するギタリストがいた。

癸韻蓮▲献礇鵐粥Ε薀ぅ鵐魯襯函

そして、つまり、そのジャンゴは、フランスの実在のギタリストであるからややこしい。

どこからどこまで本当?

エピソードを語る面々によって、物語は進んでいく。

 

エメットは、ジャンゴに会った二回とも、感動のあまり失神した。

そして、エメットは、ジャンゴのレコードを聴いて涙する。

破天荒、へべれけ、遅刻魔、金遣いは荒い、わがまま

けれど、演奏したらピカ一さ!

そんなキャラクターを

誰かと思いきや、

ショーンペンが演じている。

 

久々に笑わせてもらった。

憎みきれないキャラクターを何でこうも表現できるのかな?

 

ある日、賭けに負けたエメットは、

口の聞けない小柄な女性ハッティと付き合うことになる。

 

そのやり取りが、どうにもこうにも面白い。

小さな頃、高熱を出して、口が聞けず、頭も少し弱いハッティ。

エメットは、自分の泊まっているホテルに連れて行く。

一曲きかせてやるからさ〜〜〜♪

体に手を回し、頭の弱いハッティを手玉に取ったつもりが、

反対にハッティのほうが、

エメットに積極的に迫り、洋服を脱がせようとする。

 

ちょっと!ちょっと!待ってくれ!

普通嫌がるんじゃないの?

 

あたふたするエメットとの「事の終わり」に、

ハッティが、約束のギターを催促すると、

憎みきれない優しいエメットは、ギターを奏でてくれた。

 

そうだな。。約束だったな。

 

その音を聞き入るハッティの表情がとても素敵。

 

それから二人は、一緒に暮らすことになるのだけど、

自由が好きだから、結婚はしないからね。

それが天才ギタリストなんだよ。と

洗濯屋で働くハッティには、

辞めずに働きなと責任は取らない偉そうなエメット。

 

 

それでもハッティは、彼のために掃除洗濯食事と身の回りのことをやってあげる。

どう見たって、こんなに良い子はいないと思えるほど

ハッティは可愛い。

特にいつも食べている姿がなんとも言えず愛くるしい。

 

その後、エメットは、ハッティを残し家を出て行き

上流社会の女性ブランチと突然結婚する。

上手くいくわけがない結婚。

 

ただ、ブランチが言った言葉は、最後に響いてくる。

ジャンゴとエメットの違い。

そこには、感情をさらけ出したものがあるかどうか。ジャンゴのそれには確かにあり

エメットは、感情を演奏に出すことが出来ていないのだ。

 

ブランチの不倫もあって、

また、ハッティのところに帰ったエメット。

いつもの洗濯屋に行き、

二人で、座ったベンチで、

偉そうにエメットは言い放つ。

「良かったら一緒に来ないか?」

 

口の聞けないハッティの表情がいつもと違う。

ハッティは、結婚していた。そして女の子も生んでいた。

 

エメットにとっては予想外。想定外。

いつまででも待っていると思っていたハッティは、もう誰かのもの。

 

「take it easy!」

日本語の字幕は、「あばよ!」

 

 

そして、その後、ハッティを完全に失ったことが

どんなに大切なものを失ったことかと気づいた時。

時はすでに遅し!だけれど、

大切にしていたギターを壊し、エメットは泣き崩れた。

 

私もバカで、エメットと一緒。

ハッティは、ずっと待ってくれてるとハッピーエンドしか予想しなかった。

 

けれど、ウッディアレンは、映画「道」を再現してた。

あの映画「道」のラストの悲しみを思えば、

ウッディアレンは、救いを残してくれたように思う。

 

エメットは、その後ブランチの言ったとおり、感情をギターにこめることが出来たのです。

素敵なレコードアルバムが残ったと

オープニングの面々は最後に語ってくれました。

 

全編に渡って、ハッティの演技の愛らしさに脱帽。

可愛くってしょうがないです。

だからこそ、二人のジエンドは、余計辛らかった。

 

 

 

か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
グッバイ、レーニン〜Good bye Lenin!

JUGEMテーマ:洋画

東西ドイツの統合に巻き込まれた家族の愛情物語。

こんなに優しい嘘を突き通すことが出来たなら。。

 

冒頭シーンは、姉アリアネと弟アレックスのはしゃぐ姿で始まった。

幸せな一家が見えてくる。

だが、警察が家にやってきて

父親は西ドイツへ亡命をしたことを知り

何も知らなかったと言い切る母。

それ以降、一言も口をきけなくなった母親は、病院へ。

つまり、父親は、西ドイツの女性に心を奪われ

家族三人は捨てられた。

 

そんな事情を

主人公のアレックスを通して語られる。

 

病状が回復した母親は

家に帰って来てからというもの

社会主義にどんどん傾倒していく。

アレックスの言葉を借りれば、

ママは結婚相手を変えた。

セックスがない相手だけど、それは国家。

 

教育に精を出し、

共産党員として表彰までされていく。

ママには、社会主義が生きる希望。

 

ある日、内緒で

民主主義活動のデモに参加していたアレックスを

偶然見かけたママは、

あまりのショックで心臓発作で倒れてしまう。

昏睡状態に陥ったママ。

けれど、8ヶ月後に奇跡的に目が覚めた。

 

そして、家に帰りたいというママの願いを

アレックスは優しく受け入れようするが、

医者がいうには、

次の心臓発作がきたら、命の保証がないと言うことだった。

 

どうしよう!

ママが寝ていた8ヶ月の間に

ベルリンの壁は崩壊したのだ。

あの社会主義は無くなり

皆は、ドイツのサッカーチームの活躍に興じ、

コカコーラは進出し、

バーガーキングだってあるんだ!

そんな現実を知ったなら、

またショックで死んでしまう!

 

アレックスが起こした行動は、

ママのために

偽りの東ドイツの世界を演じきることだった。

偽装、偽装、偽装のオンパレード。

可笑しくなるほど

馬鹿まじめに

アレックスは真剣で、

実際、こんなに憐れなほど

愛してくれる息子っているのかしら?

 

しかし、その嘘には、

彼ら東ドイツの人々の願いも込められていたのではないかな?

 

コカコーラーは、東ドイツの国営企業と提携という段取りで

街に溢れる西ドイツの車は、

西ドイツの経済悪化で、亡命してきた難民という設定で、

 

アレックスの仕事仲間、映画野郎のデニスの協力で

ニュース映像を作成し、

愛するママにそれをテレビニュースとして見せる。

 

その涙ぐましい真剣さが

かえって、泣き笑いのコメディに変わっていく。

どんなにかどんなにか愛しているのだろね。

 

ママの二度目の心臓発作の前に

パパの亡命の真実が

アリアナとアレックスにママの口から告げられた。

映画の冒頭の語りとは大違いであったけれど、

グッバイ!レーニン。

 

アレックスは、ママの最期まで

嘘を突き通して見せた。

それも本当に素敵な

東ドイツのプライドを持って

グッバイ、レーニン!

そう、ベルリンの壁崩壊までを。

 

ママが死んだ後も

残るは、そんな思い出。

ママとの思い出は、悲しいグッバイレーニンじゃなく

幸せなグッバイレーニン!

 

あんな優しい息子がいたら。。と

素にもどった私は、

正直羨ましく余韻が残った。

 

 

 

か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
蜘蛛女のキッス〜Kiss of the Spider Woman
JUGEMテーマ:洋画
未成年者に対する犯罪で投獄されたゲイのモリーナと
政治犯として捕えられたヴァレンティンの心通わす物語

冒頭シーン
モリーナの語る映画は、
ナチスの将校に恋をしたレニという女性のお話
 それを聴きながら
 ナチスを正当化しているように思えた
 ヴァレンティンは、
 ナチスの拷問の酷さをモリーナに何度も繰り返す。
 全く相容れない二人のようだが、
 辛い牢獄生活を忘れたいがために
 ヴァレンティンは、また、話を聴いている。 
 
 モリーナのただの余興?
 ゲイの戯言? 
そんな風に思っていたモリーナの言動は、
しっかり裏付けされたものであった。

モリーナは、8年の懲役の仮釈放の見返りに
ヴァレンティンの政治活動をスパイし、
その情報を刑務所所長に報告するという取引をしていたのだ。

時折、所長と会い、進捗状況を聞かれるモリーナ。
その度に
彼はのらりくらりとかわし
ヴァレンティンの心をほぐし、情報を聞き出すためにと
差し入れを求める。

辛い獄中生活の中で
彼が命がけで得た食糧。
それは、モリーナの言葉を借りれば、
彼一人のものでなくヴァレンティンとの
「僕らのもの」

いつしかモリーナの元来の優しさが、
ヴァレンティンの男としての強さを愛するようになる。

ある日、刑務所の食事に毒がもられ、ヴァレンティンは、激しい腹痛を起こした。
このまま医務室に行けば、
情報を知りたがっている所長達によって
彼は、拷問にかけられると感づき、ただ我慢することにした。

そして、苦しくも堪えていたが、排泄に間に合わず、
汚れたヴァレンティンを
モリーナは甲斐甲斐しく世話をする。

臭くても汚くても
男としての辱めを感じるヴァレンティンを受け止めるモリーナ
その優しさは、本物だ。


時間だけ過ぎ、
全く埒の明かないモリーナに対して
所長は、モリーナを仮釈放し、彼の行動から情報を得ると言う作戦に出た。

そして、出所の前日。
蜘蛛女のキッスの話をモリーナは語り、
彼らは愛し合った。

蜘蛛女。
彼女は、哀れにも捕虜なのだ
自分の体が吐き出す巨大な蜘蛛の巣につかまっている。
ある日難破船の男が海岸に流れ着き
その男の傷を介抱し
助けた蜘蛛女。
愛を注いで生き返らせた。
ふと、その男が気がつけば
その蜘蛛女の目から一筋の涙がこぼれていた。

次の朝、愛し合った二人の最後のキッス〜蜘蛛女のキッス


 そして、出所したモリーナは、母の元へ帰り、
 大好きな母の枕元で、大好きなママへの愛とこれからの自分の人生を伝えた。 
 
 
「人生を整理をする時が来たのさ」




ママ以外に初めて愛した人〜ヴァレンティン。
彼のために出来ること。
そして、それがどうなろうと今の彼にとって 

「人を愛することこそ生きがい」。





 ラスト近くのモリーナのこの姿は忘れられない
 何度見ても見ても泣けてくる。
どうか、死なないで。
モリーナの目には 真実の愛がこぼれている。
優しい優しいモリーナ。

あなたを失いたくない!
 
 そして、私自身も
 愛する人のために、死にたくないと
 初めて、この映画を見て知った


ママとヴァレンティンをあるがままに愛したモリーナ

素晴らしい映画でした。
か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
仮面の男
JUGEMテーマ:洋画
  若き日のレオナルドデカプリオが
悪と善、一人二役をした痛快活劇。

17世紀、フランスでは、
ルイ14世が王となり、慈悲のない圧政を行っていた。
その暴君ぶりに
立ち上がったのは、前国王に仕えていた四銃士
牢に幽閉されていた鉄仮面の男を救い、
彼を王たらしめ、
今の王とすり替えて
国家を善き方向に導こうという壮大な物語である。


そのルイ14世と双子の弟の
幽閉されていた鉄仮面の男フィリップ役を
デカプリオが演じていた。

醸し出される雰囲気は、全く別人のようで、
何度も目を凝らしてしまった。
間違い探しじゃないが、
人は、こうも違って見えるものか。

優しさと傲慢さが、人を替えて見せる。

そして、
勧善懲悪と言えばそれでおしまいだが、
不死身の四銃士が、かなりかっこいい。
神の道に進んだアラミス
愛する息子を失ったアトス
豪快な女性好きのポルトス
そして、前王から引き続き
今の王を守り、国を守り続ける銃士 ダルタニアン

決して若くもない彼らの言動に
人の心というか、気高い魂を感じ、
また、固い友情には、心打つものがある。

どんなに時代が変わろうと、
悪は悪、善は善。
たとえ、死ぬとわかっていても、戦わなければいけない時がある。

ルイ14世との戦いの場に
彼らは、昔の軍服を着て向かう。
前国王の時代、忠誠を誓い、戦ってきた彼らの正装。
黒地に金糸のそれは、たとえ死装束になろうが、
彼らの正義とプライドなのだ。

なにやらすべてが、かっこいい。

ルイ14世側の政府軍も
ダルタニアンに向かって、剣を抜くことも出来ない忠誠を思うが、
しかし、王の命令は、撃て!

なかなか引き金を引けない彼らを前にして。
ひるまず、向かってくる四銃士とフィリップ。
その勇気に政府軍は、深く思うものがあったが、
命令には背けず、、
引き金を引いた後の硝煙の中から現れたのは、
不死身の彼らだった。

とまあ〜正義は必ず勝つ!に拍手喝さいだが、
ダルタニアンとフィリップ、ルイの話が最後に散りばめられ、
全てハッピーエンドでもなかったが、
フィリップの言葉通り、
ダルタニアンこそ仮面の男だったのかもしれない。


今のデカプリオは、
私の中で一番お気に入りの俳優だが、
この映画のデカプリオは、とても若かったという印象で、
魅力的になる時を過ごしてきたのだと思う。
また、
アラミス役はどこかで見た?と思ったら、
映画「ダメージ」で
ジュリエットビノシュと不倫関係の役の俳優だった。
優しさは、変わらずだ。




か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
きっとうまくいく〜3idiots
JUGEMテーマ:洋画
  インドの難関工科大学で、
同じ部屋になったことから親友になった
ランチョー、ファルハーン、ラジュー。

ランチョーは、首席。
後の二人は、落第ぎりぎりの成績。
そんな彼らのミラクルな物語。
実に出来すぎのハッピーエンドのお話。

インド映画独特の歌や踊りは、
私は嫌いでないので楽しめるが、
途中に音楽が入ったりするのが苦手の人は、いかがか?

競争第一、がり勉の丸暗記派のチャトルと自由で気ままなランチョー。

ある日、チャトルは、皆の前でスピーチする機会を得る。
言葉のあまり得意でないチャトルは、
図書館員に救いを求め
一緒に原稿を考えていた。

そこで、ランチョーは、すきをみて
原稿の中身を少し変えてしまうが、
丸暗記しか頭にないチャトルは、
そのまま信じて丸暗記して、舞台に臨む。
自信たっぷりにスピーチしてしまうチャトル。

当然のごとく、会場からは失笑の嵐。

確かに自分で確認もせずに
丸暗記と言うのは、よくないし、
勉強の真意をランチョーは言いたかったのだと思う。

しかし、このいたずらは、「きっとうまくいく」の中でありだろうか?

チャトルは、その恨みから
10年後の同じ日に皆で会おうと約束する。
ランチョーのやり方なのか、
チャトルのやり方なのか。
いったい、どっちが成功しているか!

音信不通の卒業後のランチョーを探して
ファルハーン、ラジュー、そしてチャトルが
向かう先には、どんなランチョーがいるのかな?

要所要所、色んな良い話が詰まっているし
3時間は、楽しいし、中だるみもない。
上手く出来ている!

きっとうまくいく〜All is well
人生は、そうでなくっちゃね。

ただ、絶賛!と皆さんがおっしゃるほど私には受けなかった。

楽しい!
涙も喜びもよ〜くわかりやすい!
ハッピーだ!
そんな映画を好む人には良いのかもしれないが、
私には、
同じインド映画なら、
スラムドッグミリオネアの方が心に響いた。



か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
奇跡の丘
JUGEMテーマ:洋画
 新約聖書: マタイによる福音を忠実にあらわしたもの
つまり、イエスキリストの生涯の話である。

この映画には、
優しさを携えたイエスはいなかった。
力強く説教をするイエス。

劇中で語られる台詞に
「わたしが地上に来たのは、
平和をもたらすためだと思ってはならない
平和でなく、剣をもたらすために来たのだ」というものがある。

確かにイエスは激しい時間の中で、生きていた。
優しい言葉だけではないのだ。
苦しみ、迫害の中で言葉を伝えていたのだ。

私は、イエスキリストの映画は、
「パッション」、そして、「ベンハー」も観たが、
これほど、熱情のイエスを見たことがない。

聖書に忠実に語るならば、この映画のイエスだろう。

モノクロで、
マリアは、一切話さない。
聖書には、マリアの行動を
思いめぐらすという書き方があるが
本当にその通りの表情なのだ。
だが、それでも、
物語は十分理解できる。

イエスを除いて、他のものの台詞は少ないが
それこそ、人間の解釈を出来るだけ排除した
聖書を語る〜神のみことばに近づくと言うことかもしれない。

そして、昨今のオーバーアクションの映画とは
一体、何だろうと思うほどだった。

実に聖書のページを繰るようだ。

しかし、どんどんクライマックスになると、
やはり、どうしてもつらく涙が出てしまう。

使われる音楽も素晴らしく、映画を形作っていく。

私は、もう一度、イエスの説教を
素晴らしいたとえ話を
ファリサイ派との問答を聞きたいと思った。

裏切り者のユダ〜
これは、パッションでも同じように自死していたが、
こちらの映画でのユダの最後は、
あまりにも人間的で、彼の悲しみは、充分伝わった。

いい映画であった。










か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
コットンクラブ〜The cotton club
JUGEMテーマ:洋画
  禁酒法の時代、コットンクラブという高級ナイトクラブが実在した。
そこは、出演者は黒人であるが、
お客は白人のみという場所であった。
実在のギャングやハリウッドのスターを絡めながら、
物語は進行していく。

1984年公開のフランシスフォードコッポラ監督の作品であるが、
ふと、あの頃の全盛期のコッポラを懐かしんでしまった。

ファーストシーンは、
ショーを見ていたギャングのボス 「ダッチ」が
黒人でもないのに上手いと
演奏していたコルネット奏者ディキシーを席に誘う。

和やかなムードになるところだったが、
ダッチが突然の襲撃に遭い
ディキシーが、危機一髪、ダッチを助けた。
そして、その現場でベラという女性も巻き添えになり、
三人の関係は始まった。

懐かしいとしか言いようのない面々だ。
リチャードギア演じるディキシー
ダイアンレイン演じるベラ。
私は、「運命の女」で彼らの共演を見ているが、
とても二人はしっくりくる。

そして、ディキシーの弟役には、あのニコラスケイジだ。
何とも正直で情けない役が、
ラスト近くに悲しい結末を迎えることを想像させる。


ギャングの関係、踊り子たちの関係。
そして、ディキシーとベラの関係が、
ラストに近づくにつれて、
すべてがぐっとスカッと気持ちよくさせてくれる。

グレゴリーハインズ演じる黒人タップダンサー
サンドマンの歌手ライラへの一途な思いは、
最初の頃はうんざりするが、
彼の華麗なタップダンスと共に
観る側も根負けして、
彼のアイラブユーという言葉が沁みてくる。

最後に
サンドマンのタップダンスと
ギャングの銃撃シーンが、ぶつかり合い重なり合い
本当に素晴らしい映像として、締めくくる。
わかっちゃいる演出だとしても素晴らしい。

古きよき時代を撮った映画で、
今と違った
古き良き時代に作られた映画だなと思った。









 
か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
カティンの森
JUGEMテーマ:洋画
  第二次世界大戦時、カティンの森事件という、
ソ連軍によるポーランド人大量虐殺が起きた。
それをテーマにした、犠牲者とその家族の物語である。
この映画の中には、実際の記録映像も流れる。

ファーストシーンは、
橋の上で、右往左往する大勢のポーランド人の姿だ。
あるものは、ドイツが攻めてきたと東へ。
あるものはソ連が攻めてきたと西へ
確かにドイツとソ連は、不可侵条約によって、
ポーランドを分割統治したのである。

大将の夫人ルジャは、
大尉の夫人アンナに出会い、
一緒にクラクフという地に逃れようと促すが
アンナは、娘ニカと共に夫アンジェイ大佐を探すために
クラクフからやってきたのであり、
それを拒み、アンジェイを探しに先を急いだ。

そして、駅で、
ソ連へ連行される前のポーランド将校の中から
アンジェイや彼の友人イェジを見つけ、ひと時の再会を果たす。

アンジェイは、アンナの逃亡の懇願を受けたが
彼女との愛の誓いもあるが、
軍にも忠誠を誓ったと、将校として生きることを伝え
その代わりに、自分の証として日記を書くことを決めた。

ラスト近くになって、
その日記がすべてを物語る。

ポーランド人にとって、ポーランドという祖国は、
本当にあるのだろうか?

まず、ドイツがソ連のこの冷血な大量虐殺を暴いたが、
そのドイツが戦争に敗れると
この真実は、
ソ連の統治下におかれたポーランドでは、
誰も触れないこととなり、
反対に嘘の真実がまかり通り、
ドイツの仕業にされた。

本当の事が言えないポーランド人。
自由を捨てて生きる道しかないのか。

大将の夫人が、
自分の夫が殺されたカティンの森事件を
ドイツ軍から映像を通して見せられた時、
無言のあと、おう吐しそうになった。

その時、私は、傍観者であったが、
そのあと、アンジェイの日記の流れで、
その再現を見た時、
私もおう吐の気分にさせられた。
R-15の意味が理解できた。

もう、無言でしかこの映画は、語れない。

観終わって少し経って
映画の事を知らない人が、私に声をかけた。
その時、涙があふれた。
しかし、その時でさえ、映画について何も語れなかった。

何の救いもない「無言」。

刻み込まれた歴史は、変えられない


か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
華麗なるギャツビー〜The Great Gatsby〜デカプリオ版
「みんな クズだった! ギャツビーを除いて」
過去を振り返ってのニックのこの言葉で映画は始まり、
当時のニックが、ギャツビーに送った賛辞の言葉

「みんな クズだ! 君だけが価値がある」

これが、「華麗なるギャツビー」そのものなんだと思う。
小説家志望のニックは、デイジーの従兄弟で、
ギャツビー邸の隣に住むところからこの物語は始まった。

何よりもデイジーを愛し、彼女のために生きた。
お城のような家も夜毎開くパーティーもすべて彼女に会うため
彼女に喜んでもらうため。
汚れた過去とクズ野郎の社会の中で、
タダひたすら汚れのない心を持っていたギャツビー。

ロバートレッドフォード・ミアファロー版を見ていたので、
デカプリオでは、
キャリーマリガンでは、
あのイメージにダメージを与えるのではと思っていたが、
デカプリオは相当渋くなって、映画を観るたびに彼の魅力の幅は増している。
オリジナルに仕上がったと思う。


デイジーの従兄弟のニックが
トムの妻になっているデイジーを取りもどそうなんて望みすぎだ。
どんなに愛しても過去は変えられないと忠告しても、
最初からすれ違いで、何で望みすぎなのだ
と反論するギャツビー。
悲しすぎる。女は、過去に生きない。
誰も過去を取り返すことは出来ないのだ。

良家の娘デイジーは、一通の手紙
貧乏ギャツビーのお金が出来たら一緒になろうという手紙で
トムと結婚を決めたのだから。

最後にクズどもの身勝手な浮気、ひき逃げもすべて
汚れたギャツビーの仕業だとされてしまうが、悔しすぎる
ギャツビーは汚れていない。
ひたすら純粋に生きた。それは純粋すぎた。
憐れな恋に身を焦がした裸の男だったのだ。
レッドフォード版もそうだけれど、
あれほどの野心家から、一人の男に変わる瞬間が
あまりにも人間の弱さをも突きつける。

エンディングで、このお話の題名に
Gatsbyとタイプ打ちしたものを
ニックは、ペンを取り出し
The Great を書き足した。
それは、この映画をみているみんなの気持ちを代弁してくれてるようで、
汚名を着せられたギャツビーの無念を晴らしてもらったような気がした。

ニックは、友だった。

グレートギャツビーの唯一の友になっていた。
か行の映画 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
COMMENT
  • 縞模様のパジャマの少年〜The Boy in the Striped Pyjamas
    tk (03/24)
PROFILE
MOBILE
qrcode